最近では、ドローンが悪者の様に報道されているが

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近、ドローンについての報道が世間をにぎわせています。

その殆どがドローンについて、悪く言う内容です。

祭事の際に、ドローンを飛ばし、落下させてしまった少年も、逮捕されました。

しかし、私は、これは過剰な反応ではないかと思います。

ドローンは、別に世間を騒がせる為に作られた物ではありません。

単なる小型ヘリコプターに過ぎません。

それは、人間が踏み込んでいけない所へ飛んで行かせる為のものです。

それに、カメラを搭載し撮影したり、又は品物を積んで運んだりするのです。

ですから、非があるとしたら、使う人間の方にあります。

包丁と同じようなものです。

包丁は、食材を切る為に存在します。

が、悪人の手に渡り、他人に害を与える事もあります。

しかし、これは包丁そのものよりも、悪用する人間に罪があるのです。

何かを撃ちぬく為に存在する武器の銃とは意味が違うのです。

が、ドローンは最近では「危険な物」として騒がれているようで、どうも、本来の意味を逸脱しています。

自然災害や事故などの時に、どんなに役に立つ事でしょうか。

悪い面だけを見て、使用不可だけに法整備が進まないように、願っています。

又、一般人が悪用しないように、使う為の常識、マナーを身に付ける事の方が大事だと思います。

DJIというドローンの専門店

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cactusquail.com/mt/mt-tb.cgi/645

コメントする

このブログ記事について

このページは、roomofmasterが2015年8月25日 14:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「住宅に関する防犯グッズを購入した体験談」です。

次のブログ記事は「壁紙に隙間が出来たら自分で埋めるのが安上がりです」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。